これでバッチリ!快眠!睡眠障害を克服する20の実践法

睡眠障害で悩んでいるあなたへ

夜眠れなくて、朝起きれない、短時間しか眠れない。そんな悩みを抱えている人は、少なくありません。その原因は様々ですが、それらをひっくるめて「睡眠障害」と呼びます。特に、日常生活に支障が出るようであれば、かなり重度と言わざるを得ません。

私もそんな睡眠障害を抱える一人でした。最初は深夜まで目が冴えて、眠れないから夜更かし、そして朝遅刻気味。学生時代からそんな感じでした。「自分は夜型なんだ」と思い込み、それが睡眠障害とは気が付かなかったのです。

眠れないから眠れる時間まで起きている→寝る時間が遅くなるから朝起きれない→遅刻を繰り返す→どうでもよくなり引きこもる→昼夜逆転。と、日常生活に支障をきたすまで時間は掛かりませんでした。

こうなると、睡眠時間を立て直すのには相当苦労します。徹夜して早く寝てみても、朝、無理矢理早く起きてみても、やっぱり夜眠れないのです。これが治るまで、何年も掛かりました。

睡眠の崩れを放っておくと、それが固定され、睡眠リズムがメチャクチャになってしまいます。ですから、普段から寝る時間、起きる時間はなるべく固定しておいた方が良い、というのが、睡眠障害になってから身に染みて分かりました。

仕事や遊びなどで、なかなか「きちんとした時間」に寝起きできない人もいるかもしれません。しかし、一般的に言われている早寝早起きをしなくても、自分のライフスタイルに合わせ、同じ時間に寝て同じ時間に起きることが大事なのです。

睡眠障害は克服できる!諦めてはいけません

睡眠障害になると、朝起きても夜起きても、起きている時間がとても辛いものになります。頭がぼんやりしたり、体がだるくなったり、何もする気が起きず、仕事だけでなく家の中までぐちゃぐちゃになってしまうことがあります。睡眠障害からうつ状態になったり、色々な病気の引き金(※病気になる前にすぐに対策をしましょう!もし、お金が無いのであれば即日融資してもらえるサイトでお金を借りましょう!)になることだってあります。

でも大丈夫です。ここでは、睡眠障害の予防から、睡眠障害の克服法までをご紹介しています。規則正しい生活は言うまでもなく、どうすればスムーズに眠り、スムーズに起きるかなど、実体験から書いています。

睡眠障害の辛さは、なかなか他人には分かりません。ダラダラした生活を送っているだけとか、気合いで起きろなど、健康な人は言いますが、それができないから睡眠障害なのです。

決して、自分の甘えなどとは思わないでください。例えば、風邪は甘えからくる病気でしょうか。違いますよね。睡眠障害も同じで、多くは自律神経などの身体の不調から来るものです。まず、睡眠障害のことを知り、それから対処法を練れば、良い睡眠が取れ、身体の不調も徐々に良くなっていきます。

そのお手伝いを、このサイトではしたいと思っています。一緒に睡眠障害を克服していきましょう。

睡眠障害になってしまったら…焦らず気長に治していこう

睡眠障害はとても厄介で、焦る気持ちと裏腹にすぐには治ってくれません。投薬と日常生活の改善、他の病気があればそれの治療と合わせて、じっくり治していかなければなりません。きちんと投薬し、生活習慣を正していけば、時間はかかりますが、必ず改善の兆しは出てきます。

0

自分の睡眠の質を考える

長く寝れば良いわけではなく、眠りの質を考えてみましょう。睡眠の質を下げる要因は様々にあります。また、自分自身の体質も考慮してみましょう。

0

休憩時間には15分の昼寝をしてみる

お昼休みには、15分間だけ、お昼寝をしてみましょう。横になるスペースがなくても大丈夫です。短時間の睡眠、完全な休憩を取ることで、頭がスッキリし、午後の仕事の効率が上がる方法です。

0

睡眠導入剤は「頼る」ではなく「利用」する

睡眠導入剤は頑固な睡眠障害を克服する上で必要なものです。薬というのは本来、自己治癒力を高めたり、症状を抑えることで身体を休めるものです。「頼る」というのは間違いで、1日も早く治すために「利用」しているのです。

0
1 / 512345