これでバッチリ!快眠!睡眠障害を克服する20の実践法

疲れていても、運動とお風呂は必ず入ろう

どんなに疲れていても、お風呂は必ず入りましょう。仕事で昂った神経をリラックスさせ、質の良い睡眠を摂るのに不可欠です。また、10分~15分だけでもいいので、身体を動かして解してあげましょう。

0

日照時間が眠りに関係する?

雨の日や冬は、日照時間が短い、あるいは日の光が弱く、睡眠リズムが乱れがちになります。季節の変わり目も、気温や日照時間が変化するので、体調を崩したり不眠がちになることが多いのです。

0

夜寝るために…朝起きたら、まず外に出よう!

人は体内時計というものを持っています。この体内時計がズレてしまうと、最終的に睡眠障害を引き起すのです。朝日の光によって、そのズレがリセットされます。朝日を浴びる時間は10分が望ましいとされています。

0

これって昼夜逆転?寝る時間より起きる時間が大事

起きる時間を一定にすれば、昼夜逆転は回避できます。朝食や支度の時間を逆算した時間に起きるようにしましょう。朝の時間を大事にすれば、夜もスムーズに眠れますし、短時間でも深くて良質な眠りを得られるでしょう。

0
5 / 512345